インプラントとは|新大阪・東淀川のインプラント歯周病治療は寺本デンタルクリニック

インプラントとは

インプラント治療とは

インプラント治療とは、失われた歯の機能性と審美性を回復するための治療で、顎の骨に純チタン製のインプラント体(人工歯根)を埋め込んで、その上に上部構造(人工歯)を連結する方法です。

こんなお悩みをお持ちの方にインプラント治療をお勧めします。

こんなお悩みをお持ちの方にインプラント治療をお勧めします。
  • 虫歯や歯周病で歯を失ってしまった
  • 虫歯や歯周病で抜歯が必要と診断された
  • 事故などの外傷で歯を失ってしまった
  • 病気で歯を失ってしまった
  • 前歯や奥歯が抜けたままになっている
  • 歯が1本もない、または歯がほとんどなく、入れ歯を使っている
  • 入れ歯でよく噛めない
  • 入れ歯の違和感や見た目が我慢できない
  • 入れ歯でうまく発音できない・発音しにくい
  • ブリッジをする為に健康な歯を削ったり神経を抜いたりしたくない

インプラント治療は入れ歯と違い、インプラントが顎の骨にしっかり固定されるので、入れ歯のようにズレたり外れたりすることなく、天然歯と同じような安定感と噛み心地を取り戻せます。
ブリッジのように健康な歯を削る必要もありません。
さらに、入れ歯やブリッジとは違い残っている歯に負担をかける事もないです。

当院で使用しているインプラント

  • ノーベルバイオケア社
  • ジンマーバイオメット社
  • モリタ社(SPI)

インプラントのメリット・デメリット

インプラントのメリット

  • 入れ歯では噛みにくかったものでも十分噛める
  • 天然歯との区別が難しいほど自然に仕上がる
  • 入れ歯と比べて違和感が少ない
  • 入れ歯と比べて顎の骨が痩せていくことを防げる
  • ブリッジのように周囲の健康な歯を削らなくてよい
  • きちんと手入れすれば、治療効果が半永久的に続く

インプラントのデメリット

  • 外科的な手術が必要になる
  • 治療期間が長期になりやすい
  • 骨や歯肉の状態によっては付加的な手術が必要な場合がある
  • 全身の状態によっては適応できない場合がある
  • 保険が適用できないため、高額な費用がかかる
  • 医療機関によって治療の内容や治療費にばらつきが多い

従来の治療法との違い(入れ歯・ブリッジ)

ブリッジの特長

ブリッジの特長

ブリッジは、歯がなくなってしまった部分の両隣の歯を使って、義歯を支える治療法です。両隣の歯を削り、義歯と一体になった冠を被せることで、なくなってしまった部分を補います。

ブリッジは、持って生まれた天然の歯と同じように噛めますが、周囲の隙間に食べ物のカスが溜まりやすいという欠点があります。また、義歯を固定するために、健康な歯を削って土台にしなければなりません。

入れ歯の特長

入れ歯の特長

入れ歯にはさまざまなタイプがありますが、一般的なのはクラスプと呼ばれるバネを健康な歯に引っかけて固定するタイプです。保険診療内で作れる、糖尿病などの全身疾患がある場合でも対応できる、といったメリットがあるので、今でも多くの人が歯を失ったときに入れ歯治療を選んでいます。

しかし噛む力は、天然の歯に比べると半分程度にまで落ちてしまいます。また、固定するバネが見えてしまうので、見た目があまりよくないという欠点もあります。

インプラント治療が注目される理由

インプラント治療は、天然歯に近い噛み心地と自然な見た目を取り戻せる優れた治療です。お口の機能が回復して食事や会話を十分に楽しめるようになることで、お口だけでなく全身、また心の健康まで取り戻すことができます。

インプラントで噛める喜びを取り戻すことで生活の質が変わります

インプラントで噛める喜びを取り戻すことで生活の質が変わります

『QOL』という言葉をご存じですか?
これは、『Quality of Life』(クオリティ・オブ・ライフ)の略で、『生活の質』という意味です。人がいかに心豊かな生活を送り、満たされて暮らしているかを表す言葉といえます。
“食べ物を噛む”“会話する”“呼吸する”など、日常生活のなかで当たり前に行なっていることも、歯がきちんと機能してこそできるものです。つまりインプラント治療によって、QOLが劇的に改善すると言っても過言ではないのです。

自然な笑顔を取り戻せます

インプラント治療では噛む機能はもちろん、自然な口元を手に入れることができます。歯が抜けたままの状態、留め金が目立つ入れ歯を気にして生活していたときとは異なり、自然に笑顔が生まれます。

会話が楽しくなります

歯は、舌の位置や空気の抜け方などを定め、発音にも影響を与えます。そのため、合わない入れ歯を使っていると、うまく発音できなくなってしまうことがあります。
その点インプラント治療なら、天然歯と変わらない感覚で話すことができ、他人との会話を十分に楽しめます。

予防の意識も高まります

インプラント治療は、機能性・審美性を取り戻せる快適な治療です。手術を受け、費用をかけて取り戻した歯に対して、「今度は大切にしよう」という気持ちが芽生えるのではないでしょうか。それにより予防意識が高まり、歯の健康維持につながります。

毎日のケアが楽になります

入れ歯は、毎日外して専用のブラシや洗浄剤でケアする必要があります。そのため、友人との旅行をためらってしまう方もいらっしゃるようです。
インプラント治療では、数ヵ月に一度、歯科医院でメインテナンスを受ける必要があります。しかし、毎日のケアは、天然歯と同じような清掃器具を使用するだけなので、ためらうことなく旅行できます。

全身だけでなく心まで健康になります

“しっかり噛める”ということは、食事からきちんと栄養を吸収できるだけでなく、噛む力のバランスが良くなるということです。それが全身の機能を向上させたり、脳に刺激を与えて認知症の予防につながったりと、多くのメリットをもたらします。
また食事や会話を楽しみ、心豊かな生活を送れることで、全身だけでなく心の健康まで手に入れることができます。

医療費控除 かんたん マニュアル

医療費控除とは

医療費控除は、高額の医療費負担に応じて税金を軽くしようという国の制度です。保険の患者さん負担分はもちろん歯科の保険外の負担も原則として医療費控除の対象になります。

対象となる治療は?

対象となるもの

医科および歯科受診の保険治療費・保険外治療費、通院のための交通費。

  • 保険診療
  • インプラント
  • セラミック治療
  • 矯正治療
対象にならないもの
  • 美容を目的とした矯正治療
  • 歯ブラシなどの物品

医療費控除額を計算してみよう!

医療費控除額を計算してみよう!
※医療費控除は最高200万円までとなります。

軽減できる税金を計算してみよう!

軽減できる税金を計算してみよう!

手続きの方法は?

必要な書類等を用意する
  • 医療費の領収書
  • 源泉徴収票(給与所得者の場合)
  • 医療費控除の内訳書

■印鑑 ■通帳 ■保険金等で補填される金額が分かるもの
※デンタルクレジットの場合は歯科医院からの領収書が無いので、契約書のコピーでも問題ありません。

確定申告書に記入

確定申告書は国税庁のホームページ、税務署、市区町村窓口で受け取れます。

税務署に提出

3 月15 日までに提出となります。

※詳しくは国税庁のホームページ、又はお近くの税務署にてお問い合せください。

軽減される税額早見表

  1年間に支払った医療費の総額 保険金などで補填される金額がない場合
30 万円 100 万円 200 万円
課税総所得金額 軽減される税額
300 万円 40,000 円 180,000 円 337,500 円
500 万円 60,000 円 270,000 円 550,000 円
800 万円 66,000 円 297,000 円 601,500 円
1,000 万円 86,000 円 387,000 円 727,000 円
2,000 万円 100,000 円 450,000 円 950,000 円

※軽減される税額は、所得控除が基礎控除(38 万円)のみを受けるとして算出しています。
※平成23 年6 月現在の税制に基づき算出しています。
※あくまで概算ですので、条件によっては金額が異なります。

医療費控除のすすめ

寺本デンタルクリニックの治療方針治療方法、
他院と比べて安くはない費用やその理由などにご納得いただけた方は、
まずは下記お電話番号よりご予約・お問い合わせください。

06-6990-5547
予約受付:月~金 AM 10:00~PM 1:00/PM 3:00~PM 7:00