歯を失ったままのリスクとは|新大阪・東淀川のインプラント歯周病治療は寺本デンタルクリニック

歯を失ったままのリスクとは

歯が抜けたまま放置している方はいらっしゃいませんか?
歯が抜けても、「これまでとほとんど変わらずに食事できるから」とそのままにしている方は、意外とたくさんいらっしゃるようです。

これは、じつはとてもリスクが高く、噛み合わせが崩れる可能性が高くなります。
歯を失うと、「見た目が気になる」という方が多いのですが、噛み合わせのバランスにも注意が必要です。
歯を1本失うと、失った部分に向かって両隣の歯が傾き、失った歯と噛み合っていた対合歯が伸びてきて、少しずつ噛み合わせが崩れていきます。噛み合わせのバランスが崩れると、歯並びが悪くなり、さらに進行すると顔の輪郭が変化してしまう可能性があります。
つまり、1本の歯だけの問題ではなくなってしまうということです。

歯を失ったままにしておくと

歯を失ったままにしておくと

STEP1対合歯が伸びてくる

噛み合う歯がなくなったため、失った歯と噛み合っていた反対側の歯が、少しずつ伸びてきます。

STEP2両隣の歯が傾いてくる

失った歯の両隣の歯が、歯の無い方向に少しずつ傾いてきます。
長期間放置していると、歯列全体が崩れてきます。

STEP3噛み合わせが崩れてくる

失った歯の周辺の歯が移動することで、噛み合わせがずれてきます。失った歯の本数が多い場合、うまく噛めなくなり、片方の歯でばかり噛みむようになるので、噛み合わせのバランスが崩れます。
噛み合わせのズレは、顎関節症、肩こりや頭痛、身体のゆがみなどを引き起こす原因になります。

STEP4歯肉(歯肉)の位置が下がってくる

歯を失うと、歯肉の中にある骨の量が少なくなるため、歯肉が痩せてしまったように見えます。歯を支える歯槽骨は、歯を失うと吸収していくからです。
この現象は、歯周病が進行した場合や、長期的に合わない入れ歯を使っている場合に起こります。

STEP5審美的な問題が出てくる

奥歯を失うと、頬や顎のラインが内側に寄るうえ、放置すると噛み合わせの高さが低くなるので、さらに頬がこけて見えたり、顎がたるんで見えたりします。前歯の場合は、口元にシワが寄りやすくなり老けた顔にみえます。

このように歯を失ったまま放置しておくことで、口の健康や見た目にとても大きな影響を及ぼします。
歯を失ったままにせずインプラントで補うことは、周囲の歯を守ることにもつながるため、とても大切です。

寺本デンタルクリニックの治療方針治療方法、
他院と比べて安くはない費用やその理由などにご納得いただけた方は、
まずは下記お電話番号よりご予約・お問い合わせください。

06-6990-5547
予約受付:月~金 AM 10:00~PM 1:00/PM 3:00~PM 7:00